Jaguar A  1/72 イタレリ 2006年11月09日完成


This is a Italeri's 1/72 Jaguar A model. This kit was sold in late 90's.

This colour is E.C.4/11 "JURA" on Operation Daguet(Gulf War).

I reshaped the nozzles of AS30L missile. And two ECM pods are resin copied parts.

The ejection seat and pilot are resin copied parts by myself.


 2003年からジャギュアシリーズを定期的に製作してきましたが、今回のA型で一応の終結
ということになりました。 このA型はフランス空軍で使用されているタイプで、イギリスのGR.1
と同様にレーダーは搭載していません。 しかし、1990年代に機首下部にレーザー測距装置を追加
装備するようになりました。 この機首がA型の特徴です。

 キットはイタレリで、パネルラインが間違っている点や、組み立て難いなどハセガワと比較して
劣る評価が下されていますが、これらを克服すれば正確なアウトラインのジャギュアを完成させる
ことができます。 また、ECMポッドやATLISターゲティングポッドなどフランス固有の装備が
付属しており、いずれも貴重なものです。

 製作は大きな改造をしていませんが、パネルラインは一度瞬間接着剤で埋めてから再度彫り直し
ています。 細部については資料を参考にしてディティールアップを施しています。 座席と人形
は前回のJaguar Eと同様にオリジナルレジンパーツを使用しています。
 武装はECMポッド2本と燃料タンク1本、AS30Lミサイル1本、ATLISポッド1本の非対称搭載
です。 ECMポッドは貴重なのでレジンでコピーしたものを使用しました。 AS30Lミサイルは
ノズル部分が実物と異なるので真鍮パイプを埋め込んで再現しました。

 塗装は湾岸戦争当時の砂漠迷彩で、タンはMr.カラ−19番(サンディブラウン)に白を加えたもの、
ブラウンはMr.カラー42番(マホガニー)に朱色を加えたものです。 ボカシは浮かせマスキング
とエアブラシで再現しました。

 付属のデカールは発色良好、透けない、余白が少ない、軟化剤が使える良質なものです。 やや
物足りない内容ですが湾岸戦争当時の塗装は急ごしらえのもので、細部のデータ類は省略されて
いたのが真相で、これで充分です。 仕上げにMr.カラー182番(スーパークリヤーつや消し)を吹き
付けてツヤを整えます。

 砂漠迷彩という一風変わった趣のジャギュアが完成したわけで、過去の3機と共に並べると感慨
深いものがあります。 湾岸戦争当時の資料本にはジャギュアと共にミラージュF.1の写真が多数
掲載されており、これもそのうち着工したいなと思っています。

                         GALLERYに戻る

inserted by FC2 system