F-16B 1/72 mpc 1990年07月10日完成


This is a MPC's(ex.Airfix) 1/72 F-16B model. This kit is not popular in 1/72nd scaled F-16 kits.

Its parts are molded dully also apnel lines are raised. The jet nozzle, gears and ejection seats are no good.

My ambition of this model was painting Europian One Scheam. I used the decal in ESCI's kit.

But this decal was terrible too. It was impossible to apply it well.

A few nice point of this kit is AGM-65 missiles and its launchers are included in this kit.



 古い作品ですがご参考までに。
 1979年にアメリカ空軍で最初にF-16を受領した388TFWでは正式な塗装とは別にヨーロピアン1迷彩塗装を試験的に
施し、評価していました。 当時のアメリカはヨーロッパでの米・ソ開戦を想定しており、空軍戦術機ではヨーロ
ピアン1迷彩がトレンドになっていた背景があります。 しかしF-16へのヨーロピアン1迷彩は見送られました。
ところが1980年代末にA-10の早期引退が決定されたとき、近接航空支援(CAS)を主任務にするF-16部隊がネリス
空軍基地に作られました。 そこでまたヨーロピアン1迷彩のF-16が復活したのです。 ところが湾岸戦争での
A-10の活躍が再評価され、A-10の継続運用が決まるとこの部隊は解散となり、またもやヨーロピアン1迷彩のF-16は
幻となったのです。

 この作品を作った当時は各メーカーのF-16を作り比べていたころで、正式なグレイ迷彩に飽きていました。
そこでキットはmpc(エアフィックスのOEM)ですが、エッシーのF-16Bに付属していたヨーロピアン1迷彩塗装の
デカールを使用することにしました。 キットは1982年にエアフィックスから発売されたもので、翌年にはエッシー
の傑作キット(といっても全長が10mm程度短い)も発売されたために地味な存在でした。 エッジは丸く、ヒケ
も点在し、パネルラインは凸なのでかなり見劣りのするキットです。 唯一のウリはAGM-65マベリックミサイルと
ECMポッドが付属することぐらいです。 座席とパイロットは自前のレジンパーツを使い、内側パイロンには他の
キットのレーザー誘導爆弾を取り付けています。 排気ノズルは仕方なく付属のパーツを使用していますが、
できればエッシーのパーツを使用したいところです。
 例によってエッシーのデカールはシルバリングが発生しやすい難儀なものですが、この作品ではシルバリングが
発生する前にリキッドデカールでコーティングするテクニックでうまく仕上げています。 塗料は当時発売された
ばかりのグンゼの特色を使っていますが、グレイは明るく調合しています。 吹きつけはプロスプレイと浮かし
マスキングです。 最後にツヤ消しでオーバーコートしています。

 ダメキットは塗装でごまかすというのは正解ですね。 この作品もヨーロピアン1迷彩でなければ再び日の目を
見ることは無かったでしょう。 最近CARACAL Modelsから「CAS Vipers」というタイトルのデカールが発売された
ので真面目にヨーロピアン1迷彩のF-16を作る方は、購入してみると良いでしょう。

                         GALLERYに戻る


inserted by FC2 system